歯科治療 GENERAL

当院の歯科治療

むし歯や歯周病、親知らずといった
様々なお口のトラブルに対応しています。

木村歯科医院では患者さんに合わせた治療内容と、しっかりとしたカウンセリングを行い、様々な症状に対応していきます。
むし歯や歯周病、親知らずの抜歯以外にも外科処置も行っており、幅広く対応することが可能です。
お口に何か異常を感じた際には、歯に関する悩みや治療に対する疑問や希望など、なんでもご相談ください。

当院の歯科治療
このような症状はご相談ください
    • むし歯
    • 顎関節症
    • 歯周病
    • 知覚過敏
    • 親知らず
    • 歯肉炎
    • 口臭
    • 口内炎

むし歯治療について

できるだけ歯を残す治療

できるだけ歯を残す治療

一度削ったり、抜いたりしてしまった歯は元には戻りません。そのため当院では、可能な限り天然の歯を残すよう、精度の高い診療に努めています。
むし歯が進行して歯がなくなってしまっているケースでも、歯内療法という処置を行うと歯を抜かないで済むケースも多くあります。
しかしやむを得ない場合は、その理由と治療方針を丁寧にご説明しています。

痛みに配慮した治療

歯科治療をすることについて、やはり痛みを伴うというイメージをお持ちの方も多いと思います。一度痛い思いをしてしまうと、その後歯医者への通院が嫌になってしまうため、表面麻酔、電動麻酔、極細針を使用し、痛みに配慮した治療を行っています。
過去の治療における痛みが原因で歯科恐怖症になる方もおられるので、特にお子さんに関しては慎重に治療を行っていくことが重要です。

痛みに配慮した治療

痛みへの3つの取り組み

01
表面麻酔 麻酔液を歯茎に塗り、表面の感覚を麻痺させて治療します。徐々に麻酔の痛みが和らぎます。
02
電動麻酔 急いで麻酔液を注射してしまうと、圧力で痛みを感じたり、体調が悪くなってしまう場合もあるため、低速度で麻酔液を投入します。
03
細い針を使用 針の挿入時の痛みと注射液注入時の圧力を最小限に抑えるために「細い注射針」を用いて治療を行います。

メタルフリー治療

やむを得ず、歯を削ってしまった場合には詰め物や被せ物をしないといけません。
その際に金属アレルギーの方でも使用可能な、体に優しく自然素材に近いメタルフリー治療を行います。

歯周病治療について

歯周病は日本人が
歯を失う原因の第一位です。

歯周病は歯垢(プラーク)に潜む歯周病菌によって歯茎に炎症を引き起こし、歯を支える骨が溶かされてしまう病気です。成人の約8割は歯周病ともいわれており、歯を失ってしまう最も大きな原因でもあります。
初期には自覚症状があまりなく、痛みなどを感じないため気づかないまま進行し、重症化してしまうケースも珍しくありません。日頃からのホームケアや、歯科医院でのメンテナンスがとても大切です。

歯周病治療について
このような症状はご相談ください
    • 歯肉が腫れている
    • 歯肉が赤い
    • 歯が伸びた
    • 歯肉から血がでる
    • 歯肉がかゆい
    • 口臭が気になる
    • 歯肉から膿がでる
    • 歯がぐらつく

当院の歯周病治療

  • SRP SRP

    SRPは、スケーリングとルートプレーニングという、2種類の治療で歯の表面に付着した歯垢を、専用器具を用いて除去しなめらかにします。

  • PMTC PMTC

    PMTCは、日々のブラッシングでは取りきれない汚れや着色を、専用器具を用いて磨いていきます。歯垢の除去や、タバコのヤニの着色汚れなどを落として、さらに汚れがつきにくくします。

  • ブラッシング指導 ブラッシング指導

    ブラッシングは、毎日行えるホームケアでとても大切です。どのようなブラッシングを行うのが効果的なのか、アドバイスさせていただきます。

  • 歯周外科 歯周外科

    歯周ポケットが深くなり、専用器具で取りきれない歯石やプラークがある場合は外科手術を行います。歯茎を切開して深い歯周ポケットの歯石を除去するフラップ手術が一般的です。

歯周病治療を行い、改善したとしても毎日のブラッシングや定期的なメンテナンスを行ってしまうと
細菌が活動し再発してしまいます。
定期的なメンテナンスを行うことで、歯周病の予防に繋がります。